グランドピアノとアップライトピアノ、違いって何?

グランドピアノって?

ピアノといえば本来はグランドピアノのことを指します。とても大きいので、一般の家庭にはそうそう置くことができませんが、オーケストラや発表会で、学校の音楽室で、ピアノの先生のおうちでなど、どこかしらで一度は見たことがあると思います。グランドピアノは、弦が演奏する人の前方向に伸びているので非常に大きいですよね。また、より音を大きく出したいときには、ふたの部分を開けて演奏することがあるので、縦の空間も相当必要です。そんなグランドピアノの魅力は、鍵盤を押したときの感覚がとても軽く、また、音の伸びもとても良い点です。強弱をつけたり連打したり、緩急をつけて表現力豊かに演奏することができるので上級テクニックを持っている演奏者にとっては、いつかこれで演奏したいと思わせる憧れのピアノですね。

アップライトピアノって?

一方で、アップライトピアノは家庭にも起きやすいコンパクトなピアノです。弦が演奏する人の前に縦に張られていて、箱型のような形をしているので、壁にそって設置することが可能で、幅をとりません。グランドピアノとの一番の違いがその弦の張られ方にあります。そのために、鍵盤を押したときの感覚が違います。アップライトピアノは、ばねが入っているので、若干鍵盤が重く、また戻りもグランドピアノに比べると遅いです。なので、連打に向いていなかったり大きい音を出したいときには結構力強く鍵盤をたたかないといけなかったりもします。ですが、微妙な音の違いや弾いた時の感覚の違いなどが手に取って分かるほどの上級者でなければ、アップライトピアノで十分演奏を楽しめます。もちろんお値段的にもこちらの方がだいぶリーズナブルですから手に入れやすいですね。

スタインウェイは、熟練した職人たちによる高精度で高品質な高級ピアノを造っていることで知られるメーカーです。