忘れものはない?車検を受けるときに必要になる3つの書類

車検を受けるには車検証が必須

車検証とは、その車の所有者や型式などが記載されている証書のことです。新たに車検を受けるときは、前回の車検の際に発行された車検証が必ず必要となります。しかし、車検証は車検のとき以外に必要となることがほとんどないため、どこにしまったかを忘れたという人は少なくはありません。ダッシュボードの中に車の説明書などと一緒にしまうのが一般的なので、依頼前に必ず確認しておきましょう。どうしても車検証が見つからないといった場合は再発行も可能ですが、費用がかかりますし何かと面倒な手続きなので普段から保管場所には注意しておきたいところです。

自動車損害賠償責任(自賠責)保険の証明書

自賠責保険は、自動車を所有している人が必ず加入しなければならない保険で、この保険料を納めていることを証明するのが自賠責保険の証明書です。こちらも車検を受ける際は必ず必要な書類ですので、依頼前に保管場所を確認しておきましょう。万が一見つからなくても車検証と同様に再発行できますが、費用はかかってしまいます。

毎年徴収される自動車の納税証明書も必要

最後に、自動車税の納税証明書です。こちらは車検証と自賠責保険の証明書とは違って、毎年納税の際に納めたことを証明するハンコが押されて返却されるものになります。そのような理由から、車検証とは別の場所に保管している人も多いですし、大事な書類とは思わずに捨ててしまっている人すら目立つ書類です。また、自動車税を納めていなければ車検を受けることができませんので、必ず車検前に納めておきましょう。

車検を軽自動車で受ける際は、検査法定手数料と自動車重量税の印紙代が必要です。その他にも、用紙代や自賠責保険代も忘れないようにしましょう。