アルト楽器の中ではメインをはれる珍しい特徴のあるサックス

どうしてアルトメインなのか?

ソプラニーノからコントラバスまであるサックスファミリーの中でもジャンルを問わず圧倒的に使われているのがEs管のアルトサックスです。吹奏楽などで使用される楽器のファミリーを見渡してみた時、実はアルトがメインになっている例は少なく、サックスだけの特徴といってもいいでしょう。もちろん、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンからなるサックスファミリーの中でも、最も豊かで独奏に適したことがアルトがメインになった最大の要因でもあります。しかし、高く評価された背景には、アルト音域の木管楽器が開発当初は少なかったころから重宝されたということも関係しています。現在の吹奏楽においても、サックス以外でアルト音域を担当するのはアルトクラリネット1本だけであり、金管楽器のEs管のアルトホルンは事実上使われていないわけです。そのため、豊かなサウンドを創る上で、アルトサックスは欠かすことのできない非常に重要な存在といえるでしょう。

艶やかな音色で魅了する

サックスファミリーの中でも代表格のアルトサックスは、クラシックとジャズの両ジャンルで広く活躍していますよ。甘く艶やかな音色で、ささやくようなピアノから力強いフォルテまで、何と言っても表現の幅が広いのが特徴でしょう。この音色に魅力を感じてサックスに挑戦してみたという人も多くいます。吹奏楽の中では楽器全体でみて人数が少ないアルトの音域を充実させる役割を持っているので、曲の中でソロを吹く機会の多い楽器ですよ。

サックスは人気ある木管楽器で、大人になってからの趣味で始める人も多いです。初めての人でも演奏しやすくて親しみやすい楽器です。